ABC

後期がはじまる

はてダから

移行した。

うごいた。

たいりょく

学期中もそうだったが 夏季休暇中も 朝イチでラボに行き続けることにした はやすぎて だれもいなかった 最高 静寂のなかで 資料をただただ読んだ

この仕事につくために ガムシャラになってやってきた この仕事についた ガムシャラにやれるとおもっていた 世界は そんなに甘くなかった 毎日 何かを削られる

「男性文学研究者の育児(不)参加」について、誰かシンポジウムを組んでくれないかい。

柳瀬尚紀の本を読むと、瞬間的に斎藤秀三郎熱が蘇る。『熟語本位』の新版、まだゲットしてないから買おうかな。熟語本位 英和中辞典 新版 CD-ROM付作者: 斎藤秀三郎,豊田実,八木克正出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/10/26メディア: 単行本この商品を…

リアル書店で買った。 [asin:0143128795:detail]

停滞しているが手はとめていない。つづける。

その後もホットクック劇場は続いている。 何もしないのは本当に楽である。 とくに煮込み系は、味も申し分なく、威力がすごい。

ホットクック(自動調理) ・ポタージュ・スープ ・大根と鶏肉の煮物 ・トマトと大豆と肉を混ぜたもの。 連投。どれも問題なし。どれも10分程度の下ごしらえでできる。 私たちはこれまで「火加減を見る」ことに相当の労力を費やしていたことを実感。

ホットクックで肉じゃが。セットまで10分。型くずれせず、中まで美味しい。今回も自分で作った気がしない。

ホットクック始動。まずは定番の無水カレー。切った野菜と、肉(骨付き)とルー(ジャワカレー辛口)を入れて、スイッチオン。1時間待って完成。手順確認しながらやったので15分弱かかったが、それ以外は何もしていない。食べたらかなり美味しかった。調理時…

今日買った本

一汁一菜でよいという提案作者: 土井善晴出版社/メーカー: グラフィック社発売日: 2016/10/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (16件) を見る

家事本を読むと「働く妻は大忙し。旦那は役立たず。そうだ時短しよう!」というジェンダーバイアスのかかった論調が多くて気が滅入る。俺にだってなるべくすぐにやりたい家事の自動化がある。というわけで正月に炊事掃除洗濯まわりを見直した。まあすぐに導…

あけましておめでとうございます!Don't quit pic.twitter.com/MY5sUjGbbx— banksy (@thereaIbanksy) 2018年1月1日

今年は研究時間がごっそりなくなっていき、根性で取り戻そうとしたら、体調を崩して病院送りになってしまった。過労と感染症。とにかく万事、思うように進まずイライラが募っていた。俺が机に向かえてない時間に、同業者は猛烈に研究しているわけで、一時期…

今年はずいぶんガラッと変わったが、来年もガラッと変わるな。

すこしずつ こつこつと いきをひそめて

イヤホンをBluetoothに切り替えたら、ランニングのとき快適になった。

採択されたっ!

過日、最新の調査報告。いつもどおり、賞賛と反発を同時にもらう。誰からも嫌われず、不審がられないような発表は、報告する意味がない。

早朝に毎日ジョギングしている。

11月は大怪我に翻弄されて猛烈に失速したがいまから挽回だ!

進め!

7月!

息をひそめて、研究をしろ。

屈するな! 屈していいという判断を許容したら今度はそれが癖になる。

甘っちょろいことやってまわりが許容してくれるような甘っちょろい世界にいると、一瞬で甘っちょろい無難さがスタンダードになる。そのような誘惑には断固として抗え!